舟水 浅ダナ逆テーパートップ (4本セット)


舟水 浅ダナ逆テーパー 4本セット
トップが、ボディの付け根から先端に向かって太くなる、いわゆる「逆テーパートップ」になっています。近年の浅ダナ釣りでは、バラケエサが大きい傾向になってきました。そのバラケを、トップ上部で支え、バラケが切れる頃には、鋭敏な付け根付近で大きなアタリを取ることができます。通常の太さのトップのウキより、バラケエサの使える範囲も広がるので、バリエーションも付けやすく、多彩な釣りが可能になるウキです。もちろん、セット釣り、両ダンゴの釣りと幅広く活躍します。


オリジナル逆テーパートップなので、視認性の高さも特筆ものです。

ボディは、羽根2枚合わせ、足はカーボンです。 ボディ羽根部分5cmのNO.5〜NO.8までです。


1m〜1.5m  タナ1m規定のある場所での1m狙い  1m未満(カッツケ釣り)


NO.5 2枚合せ羽根ボディ5cm 足6cm(カーボン) トップ7cm(逆テーパー) 全長18cm
NO.6 2枚合せ羽根ボディ6cm 足6cm(カーボン) トップ8cm(逆テーパー) 全長20cm
NO.7 2枚合せ羽根ボディ7cm 足6cm(カーボン) トップ9cm(逆テーパー) 全長22cm
NO.8 2枚合せ羽根ボディ8cm 足6cm(カーボン) トップ10cm(逆テーパー) 全長24cm

4本セット \10,800 (税込)  分売価格 1本\2,900 (税込)

注文フォーム     詳しいご注文の方法




Q 水深3mほどの管理釣り場で、1〜1.2m浅ダナ主体ですが、あまり上手に釣れません。どのへら浮きがお勧めですか?

5月〜10月頃なら、「浅ダナ逆テーパートップ」がお勧めです。理由は、寄せ負けしないよう、大きいバラケを打っても、トップが逆テーパーなので沈没しにくいという点です。11月〜4月、冬の管理釣り場は、渋い日も多くなります。主流は、ウドン等のセットになるので、1mなら「newPC浅ダナ」、もう少し深いタナや、浮力のあるヘラウキなら、「はやて宙」、「オールマイティ速攻」、あるいは「ソリッド超ロング」など。底釣りなら「はやて底」がお勧めです。「アタリの感度が良いこと」と、ボディに精密に「圧」が掛けてあり、安定度が抜群なのが利点です。



Q 「浅ダナ逆テーパー」は、どんなヘラウキですか?

浅ダナ両ダンゴに使うウキです。それも、土日など、へらぶなの引き合いになる、管理池、または魚影の濃い釣り場で使うへら浮きです。回りの人が、3投、4投で打つ寄せバラケの量を、2投で打ち込んで「寄せ負けしないで釣るための」浅ダナ専用のへら浮きです。集魚材たっぷりの重い餌も、先端2mmのトップが沈没せずに餌を支えます。餌がバラケて、水中で食いごろの大きさになる頃には、1mmトップが食いアタリを待ち構えています。



Q どの程度まで「大きいエサ」や「重い餌「を付けると、トップが沈没しますか?
どの程度のエサまで沈没しないかと言いますと、各人、程度の度合いが違っていますので、一概には言えませんが、「軽くて大きいバラケ」は大丈夫です。大福まんじゅうレベルの大きさだと、沈みます・・・。そこまで、大きいダンゴを付ける人は少ないかと思いますが、
目安としては、手返しよく両ダンゴを針に付けられる範囲でのデカエサ、重エサなら沈没しません。

重いバラケの場合、無論、カチコチの石ころみたいなバラケでは沈没します。通常の浅ダナの釣りの中で、竿の穂先に負担が掛からない程度の重エサなら、まず問題ありません。でも重いエサを打つという事は、しっかり馴染ませて釣る訳ですから、長めの7.8号を使用すると良いと思います。

上部 2mmのパイプは、かなり頑張ります。PCやムクなどで重いエサを打つと、スルスルと滑るように、水中に消えていって、なかなか上がってきませんが、(セットには抜群)、逆テーパーは馴染みもゆっくりなので、バラケが始まればブレーキが掛かります。重たいエサでも、ウキが立って、トップの先端まで、なじんで行く頃に、もうバラけ始めるようなエサなら全然大丈夫です。

魚影の濃い場所で、周囲の釣り人よりも、攻めの姿勢を前面に出して、一回り大きいエサを打ち、寄せ続けての釣りですから、へらが寄って、下からエサを付き始めれば、なお、いっそうブレーキが掛かりだす。という感じです。
それだけのデカバラケを打ち続けても、へらが寄らず、食い気も出てこないようでしたら、その時点で、セットをしている人の方が、釣れているんじゃないかと思います。切り替え時なのかもしれません。



■もしかしたら役に立つかもしれないので、いろんなトップを比較できる写真を1枚、出しておきます。
http://www.funamizu-herauki.com/qa/
部屋の蛍光灯の下で、適当に撮ったので、あまり写りは良くないです。浅ダナ逆テーパーの左にある黒ラインはトップの影です。釣りの後の拭き忘れとかあって、ドロドロで凄いですねぇ(笑) このウキは、WEB担当者、個人所有のウキですが、太さ、長さなど、形態は一緒です。




有名ブランド・へら浮き(ヘラウキ) 舟水トップページ
へら専門店 佐藤釣具 舟水のへら浮き(ヘラウキ)  電話 048-048-0080