2017年 新作
舟水 浅ダナ・中太パイプ  2本セット  夏期限定制作 ver
舟水 浅ダナ・中太パイプ 2本セット 夏期限定制作

良質な羽根ボディー4枚合せに、ミドルクラスの中太パイプトップを組み合わせた、パワフル系 浅ダナ用へら浮きです。トップの高浮力とのバランスを取るため、8cmのカーボン足(テーパー付き)で、重心を調整しています。

立ちも早く、両ダンゴを中心とした夏場の攻めの釣りを展開させるために必要な要素を、全てを取り入れた へら浮きです。

大きく、ダイナミックにバラける夏の両ダンゴでも、しっかり支えるだけの、トルクとストロークを兼ね揃えた ワイルド・ルーツで、視認性も、極めて抜群です。

竿8〜13尺 浅ダナの釣り(カッツケから1.2m内)
浅ダナの短バリス ペレット系・トロコン系



浅ダナ釣りへチャレンジされようとしている方へ。

ネット担当から、エサ落ち設定と、なじませ方、浅ダナの攻め手のヒント。

根元から3番目の黄色下の黒帯が出る位置をエサ落ちとして、ヘラが触らなければ、先端の赤1節が出る位置まで、なじませてエサ切りするくらいのペースから始めてみて下さい。夏の浅ダナ釣りでは、「エサが付いているからといって、いつまでも待たない。」というのも、どこか頭の隅に留めおいておくと、良い結果に繋がる事もあると思います。


連荘で釣ったら、「寄せのための一投」を、素早く挟んで、寄せ負けを防止。

浅ダナ釣りでは、よくある話ですが、例えば二連荘で釣ると、三連荘を狙いたくなるものですが、さすがに三連荘や四連荘もしてしまうと、場も荒れて、魚も散り始めるので、あえて連荘を狙わず、寄せの為だけの一投(なじんだ所でエサを切る)を、素早く はさみながら、攻めていくという方法も試されてみて下さい。とくに休日など、周りに多くの釣り人がいるような場合は極めて有効です。地合いを長く続かせるヒントになると思います。


号 数 パイプトップ
(内径 約1.3〜1.8mm)
羽根 ボディー
(4枚合せ 径 7mm弱)
カーボン
(約1mm テーパー)
全長
5番 9cm 5cm 8cm 22cm
6番 10cm 6cm 8cm 24cm


2本セット  7.000円 (税込み)   分売なし


ご注文フォーム     詳しいご注文の方法








へら鮒専門 佐藤釣具店 舟水のへら浮き(へらうき) トップページ
へら鮒専門 佐藤釣具店 舟水のへら浮き(ヘラウキ・へら浮子)  電話 048-048-0080