舟水 浅ダナ速攻(羽根3枚合せ)  3本セット
舟水 浅ダナ速攻 3本セット

4月後半〜10月末頃までの高活性期に、浅ダナ(カッツケ)や、メーターの釣りに焦点を合せ、両ダンゴで攻めまくる実戦タイプのへら浮きです。

判別の難しい食いアタリを、より明確に
魚影の濃い釣り場ほど、判別の難しくなる食いアタリ。とくに盛期の浅ダナ両ダンゴの釣りでは、突き上げや、糸ズレを抑え込むために、ハリスを短くしたり、エサを重ためにしたりしながらでも、なんとか「なじみ幅」を作り出していかなければなりません。

そんな釣りの展開で求められるのは、両エサが付いた状態で、ウキがなじみ切っていくまでの安定した「浮力バランス」です。今回の「浅ダナ速攻」は、3枚合せ 6.5mmのボディーを駆使し、浮力とバランスをテーマに開発しました。

少し使い慣れてくると、浅ダナの「食い上げ「(スネーク)」「食い止め」「なじみ止め」等、今までハッキリ判別の付き辛かったような食いアタリを、より明確なアタリとして打ち手に伝えてくれるはずです。もちろん決定的な「ツンアタリ」も、気持ち良いほど鋭く反応してくれます。

立ちの速さは「浅ダナ・カーボン」と同様に
 最速クラスです。

使用範囲
タナ1m〜1.2m
  1m未満(カッツケ釣り)
タナ1.3m〜1.5m

かなりブレーキが効きますが、ナジミの終盤で、とくに強いブレーキを必要とする場合は
「浅ダナ逆テーパー」も、ご検討してみて下さい。


no5、no6、no7の、3本セット
号数 トップハイテク・パイプ
(内径 約 1.2mm)
ボディー3枚合せ
(羽根 径 約 6.5mm)

(カーボン)
全長
no5 7cm 5cm 6cm 18cm
no6 8cm 6cm 6cm 20cm
no7 9cm 7cm 6cm 22cm


エサ落ち目盛り おすすめのセッティング方法。
まず、2本の針を付けない状態で、1目盛りの赤が水面に半分以上出る位置に調整して下さい。
次に、2本の針(ハリス)を付けて、もう一度、同じように仕掛けを振り込んでみて下さい。
この時に、なじんで停止する位置を、エサ落ち位置とします。



3本セット \6,400 (税込) 分売はありません。

すでにご使用されているお客様の予備や補充については、こちらより ご連絡下さい。(\2400)



新規注文フォーム     詳しいご注文の方法

有名ブランド・舟水へら浮き(ヘラウキ) へらぶな専門店
へらぶな専門店 佐藤釣具店 舟水のへら浮き(ヘラウキ) 電話 048-048-0080