ページ下記のQ&Aは定期的に追加されますので参考にして下さい。

舟水 別作オールマイティー(5本セット)

舟水 別作オールマイティー 5本セット

「別作オールマイティー」は、大きな浮力と視認性の高いトップを持つ、良質の羽根2枚合わせのウキです。「オールマイティー」との違いは竹足です。別作では、浮力のある竹足を使用しているため、釣れるサインである「止め」が出やすく、ナジミから、決めアタリまでのプロセスをイメージ通りに表現してくれます。中級者以上の方なら、この別作の竹足を使いこなせると思います。

宙はもちろん、底釣りではバランスの底から段底までをこなし、極端な浅ダナ以外は、全ての釣りに対応できます。エサがバラケた際の反応が早く、ハリに付いているエサの状態を、的確に把握できます。トップは使いやすい中細タイプになっています。


1m未満  1m〜1.5m宙
1.5〜3mの宙  チョウチン(深宙)
1.5m〜7m底釣り



6-7mの深場の底釣りや深宙では、別作オールマイティ 18〜20号くらいをおすすめします。

11号〜20号なら、希望号数で、サイズの組み換えも可能です。

あらゆるシーンで活躍するので、1セットあると頼りになります。お好きな号数を5本セットにして下さい。

号 数 トップ長 (パイプ) ボディ長(羽根最大径 約6mm) 足(竹) 全長
NO.11 10cm 7cm 4cm 21cm
NO.12 11cm 8cm 4cm 23cm
NO.13 12cm 9cm 4cm 25cm
NO.14 13cm 10cm 4cm 27cm
NO.15 14cm 11cm 4cm 29cm
NO.16 15cm 12cm 4cm 31cm
NO.17 16cm 13cm 4cm 33cm
NO.18 17cm 14cm 4cm 35cm
NO.19 18cm 15cm 4cm 37cm
NO.20 19cm 16cm 4cm 39cm
※NO.21番・NO.22番まで、特注 (1本 税込 3.900円)で制作いたします。


5本セット \15,000 (税込)   分売価格 1本\3,300 (税込み)


注文フォーム     詳しいご注文の方法






Q 別作オールマイティの20号は、どれくらいの深さに適していますか?使い方も教えて下さい。
A 基本的に「別作オールマイティの20号」では、 18〜24尺位までカバーできると思います。【注】ただし、かなり流れのある川で、21尺〜24尺のドボンの釣りでは、ちょっと辛いかと思います。

※例えば風などが吹き、若干流れが出て、釣りづらい場合は、18尺でも別作の20号を使い、餌落ちを、上から五番目の赤で取る方法もあります。これは、少しでも浮力のあるウキを使い、素早くタナまで、エサを落とし込み、道糸のたるみを防ぎ、なおかつトップへの風の抵抗を半減させる手段です。1ランク大きめのウキを使う方法は、魚影が濃くて魚が寄り過ぎてしまった時なども、効果的な方法です。

※逆に、風や流れが、ほとんど無い状況で、ヘラの寄りの悪い釣り場では(完全な野釣りなど)、あえて、オモリを少なくできる、1ランク小さなウキを使い、ゆっくり仕掛けをなじませる事で、ヘラの食い気を誘うこともできます。(その際はハリスも長めにするのも効果的です。)

※真冬の管理釣り場などで、極端に食いが悪く、なおかつ風が吹いていないのであれば、様子を見て、少し小さなウキを使う手もあります。




Q まずは管理池で釣ろうと思います。8尺〜9尺のチョウチンや1mの浅棚両ダンゴなら何号くらいが良いですか?
A 管理池で8尺〜9尺チョウチンと1mの両ダンゴの釣り方だけに限定してしまえば、「はやて宙」9〜12号が良いでしょう。

後々、野釣りや、4m〜6mなど深場の底釣りも念頭に入れて考えるなら、値段も、同じなので、「別作オールマイティ」が、お勧めかなとも思います。これなら浅ダナも含めて、どこで釣るにも大変便利な気がします。別作オールマイティ」なら、11・13・15・17・19号と、一段飛びで揃えれば、どこへ出掛けても対応が効くと思います。




Q 山上湖 13・15・18・21尺。タナは竿一杯の深宙狙いが主体。機能性も良く、トップが見易いウキを探してます。
A  別作オールマイティ 16号〜20号のセットが良いと思います。トップの視認性能も良く、グルテン等セット釣りへも対応できます。精進湖、西湖、千代田湖、震生湖、三島湖、三名湖、など、魚影も濃く、水深もたっぷりとある釣り場の深ダナから、亀山湖、一碧湖、大塩湖など、やや魚影の濃さで劣る釣り場の、深ダナまでオールマイティで使えます。(大バラケにも対応します)。



Q マッシュ系を使った巨べら狙いで、ダム湖や野池中心に、長竿中心の釣りです。
マッシュ系なら、「別作オールマイティ」の、19号、20号で対応できます。ただし2枚合せなので、わりとスマートな釣りにおすすめです。マッシュ系でも、パイプが、沈没するほどの、極端に重くて、ゴツイ餌を使うのであれば、「乗っこみスペシャル」の方をおすすめします。




Q 別作オールマイティ以外で、底釣り用のヘラウキを購入するなら「どのへら浮きが良いですか」?
底釣り用のヘラウキも何本かあると便利ですが、別作オールマイティでも、ある程度は、カバーできると思います。なじみ幅を、しっかり出して釣る感じでしたら、「底釣り太PC竹足」。スタンダードな釣り方でしたら「底釣り」、「ロングムク段差底」真冬やグルテンの底なら「はやて底」が、高性能です。



Q 管理釣り場や野釣りで、短竿を使い、1.5〜2mの底釣りと宙を釣るなら「どの種類のヘラウキが良いですか」?

底が浅いだけに選択が難しいところですが、「別作オールマイティ」の小さ目のサイズが手頃かなと思います。理由は、竹足なので、底釣り特有の「上げるアタリ」が非常に良くわかります。8-11尺程度の竿を使用されるなら、11〜13号と、小さなサイズが使いやすいと思います。もちろん宙釣りでも大丈夫です。



Q 相模湖など春のダム湖の障害物まわりを。竿8-11尺で攻めます。どの号数を揃えていけば良さそうですか?
8-11尺 オダ際ということは、ワンドやオダ等にヘラが入ってる時ですよね。ズバリおすすめを言ってしまえば「別作の11と13」の二本で使い分け、それにプラス「15号」でバリエーションを利かせる。と、いったところです。では15号のバリエーション活用法をいくつか紹介します。

1 昼間の釣りでは夜間よりも警戒心が強いと思われます。どうしても食ってくれない時、あえて、狙っているオダから舟1個分、わざわざ離れて、13-15尺を出してオダ際に落とす際、多少の浮力があった方が良い点。

2 夜からのハタキが一時停止してはいるが、オダの沖 3-8m、同じような深さか、若干深いが、確実にへらがいる気配がある時。

3 多少の流れが出て釣趣がそこなわれそうになった時(笑。 「ベタ」にすると思いますが、1ランク上のウキを使ったほうが、いくらかでもブレーキが利きます。

4 1尺底を切る時。いくらかでもトップが長いので、なじみ幅を調整できて沈没を防げる。

5 ハタキを期待して出掛けたものの、現地ついたら、昼間の待機中で3-4mの沖に着いてしまってる様子。仕方がないので、流れのあまりないポイント(3-4m)を攻める際。



Q 今持っている竿は13尺だけです。別作のヘラウキが1本欲しいのですが、どの号数が必要ですか?
竿13尺オンリーですから、別作なら16号か17号くらいが、2本あれば最初は充分だと思います。16号、18号として、浅い場所なら16、深い場所なら18で使い分けすると良いかと思います。2本必要としたのは、万一、釣りの途中や、釣り場で、ウキをなくした際に困ってしまうからです。





へら鮒専門釣具店 舟水のへら浮き(ヘラウキ) トップページ
へら鮒専門店 佐藤釣具店 舟水のへら浮き  電話 048-048-0080