ページ下記のQ&Aは定期的に追加されますので参考にして下さい。

舟水 底釣り太PC竹足 5本セット 〜new PCトップ〜 (発売時より)

舟水 底釣り太PC竹足 5本セット
newPCトップを使った底釣り用のウキです。特徴は、ナジミのスピードをゆっくりさせるために、直径 1.2mm〜1.5mmの、太いnewPCトップを採用したことです。『PCトップは極細パイプトップの感覚で使える』と言われますが、太PCでは、微妙なアタリが出るPCの特徴を活かしながら、ナジミのスピードをパイプトップ並みにして、魚にアピールすることができます。さらに、太くなったことで視認性が高まり、従来のPCトップでは見づらいと感じる人でも安心して使うことができます。

足も浮力のある竹足なので、食い上げなどの底釣りでよく出る「上げる」アタリを逃しません。PCトップならではの繊細な釣りを楽しんでください。サイズはボディ羽根部分が10cmのNO.10からNO.17までの、8種類があります。お好きな号数をセットにしてください。


ナジミのスピードがゆっくりなので、食いが渋い際の両ダンゴや深宙での使用にも対応します。


舟水で使用するnewPCトップは、従来のPCトップのように、ウキが立つ際に水面にへばりつくようなストレス感は全くありませんので、安心してお使い下さい。


底釣り  長竿・短竿のチョウチン釣り  深宙釣り


上下の写真はNO.10、11、12の3本です。ご希望サイズを5本お選びください。
NO.10 2枚合せ羽根ボディ10cm  竹足6cm  トップ16cm  全長32cm
NO.11 2枚合せ羽根ボディ11cm  竹足6cm  トップ17cm  全長34cm
NO.12 2枚合せ羽根ボディ12cm  竹足6cm  トップ18cm  全長36cm
NO.13 2枚合せ羽根ボディ13cm  竹足6cm  トップ19cm  全長38cm
NO.14 2枚合せ羽根ボディ14cm  竹足6cm  トップ20cm  全長40cm
NO.15 2枚合せ羽根ボディ15cm  竹足6cm  トップ21cm  全長42cm
NO.16 2枚合せ羽根ボディ16cm  竹足6cm  トップ22cm  全長44cm
NO.17 2枚合せ羽根ボディ17cm  竹足6cm  トップ23cm  全長46cm


5本セット \15,800 (税込)     8本セット \25,200 (税込) 
分売価格 1本\3,400 (税込)



注文フォーム     詳しいご注文の方法

Q 底釣り太PCは「newPC」ですか?それとも曲がりが大きく、ウキが立つ際、水面にへばりつく、普通のPCトップですか?
ご安心ください。舟水では、発売時より、全て「newPCトップ」を採用しています。


Q 竿11〜12尺でのみ使います。どのサイズを揃えれば良いですか?
竿11-12尺でしか使わないのであれば、5本セットでなくても良いと思います。

★11尺〜12尺一杯のバランス底釣りでは、10号と、11号で使い分けできます。
★11尺〜12尺一杯の底と、チョウチン釣りにも対応させるとすれば、10号と、12号で使い分けできます。

へらが釣りたいタナで落ち着く日は、小さいサイズで。へらがハシャいで(うわずり・寄り過ぎ等)、タナが安定しない日は、大きい方のサイズで使い分けするのが良いと思います。

※大きいサイズのウキにする理由は、それだけオモリも多く必要なので、エサが宙層でバラケて遊ぶ時間が少なくなります。それともうひとつ、トップも長くなるので、重た目のエサを使って、トップをじっくりと、深くなじませて釣る事が出切る様になります。
ちなみに10・11・12号とあれば、より細かいセッティングが出来ると思いますが、大小2本あると、11-12尺なら、たいていの事はカバーできるはずです。


Q 底釣りするなら「底専用あった方が良いですか」?
なじみ幅を、しっかり出して釣るバランスの底でしたら、「底釣り太PC竹足」。スタンダードな釣り方でしたら「底釣り」、段差やセットなら「ロングムク段差底」、真冬や両グルテンの底なら「はやて底」が、ベストマッチします。


Q 主に底釣りをしますが、「底釣り太PC竹足」と、「newpcオールマイティ速攻」の違いは何ですか?
大きな違いは、もちろんトップの太さも有りますが、「newpcオールマイティ速攻はカーボン足」、「底釣り太PCは竹足」という点です。底釣り特有の「食い上げ」や、アタリの前兆の「トップの戻り」は、底太PCの方が敏感です。速攻もバランスの取れたオールマイティタイプで、底釣りも有効ですが、主に底釣りでしたら、「底釣り太PC」の方が、より使いやすいのではないかと思います。
※トップ 「newpcオールマイティ速攻」は、平均 1mmです。「底釣り太PC」」は サイズによって平均 1.2〜1.5mmです


Q 鎌北湖 他、湖や野釣り等で、主に冬は底釣りで使おうと思います。竿24尺/21尺/18尺/15尺の場合、
「底釣り太PC竹足」と「newPCオールマイティ速攻」の最適号数を教えてください。(5本の場合)

24尺/21尺/18尺/15尺で使う、「底釣り太PC」なら、13〜17号がおすすめです。夏場のワンド内の深宙や、もちろん底釣りなら尚良好です。「newpcオールマイティ速攻」なら、11〜15号が適ですが、カーボン足なので、24尺、21尺、18尺の底では、さわりの時のウキの戻りが「底釣り太PC」よりも出にくいので、長竿の底の場合は「底釣り太PC」の方をおすすめします。逆に、浅場〜深場の宙釣りなら「newPCオールマイティ速攻」の方が使いやすく小回りも効くんじゃないかと思います。


Q おもに野釣り専門です。持っている竿は、11尺〜18尺(とくに13尺〜15尺を良く使う)、水深で1.5m〜3.5m程の底釣りに対応できるサイズだと、どのサイズを選択をすれば釣りやすいでしょうか?
「11,12,13,14,15号」または「10,12,13,14,16号」くらてのサイズなら、竿の長さによって使い分けられると思います。一番良く使うのが13尺〜15尺という事なら、12,13,14号を中心に考えて良いと思います。


Q エサ落ちは、どこで取ったら良いですか? また、タナの取り方はどうしたら簡単ですか?
基本的には、下から3つ目程にある「赤」でとってください。エサの重さが掛からない、両針ベタ底の場合や、ちょっと風があって、ウキが静止してこないような時は、真ん中の黄色、または、緑にすると、釣りやすい事もあります。エサ落ちは、最初にタナを合せてから行ってください。そして、空針を2本付けた状態で行います。正確に取るには、3回位、同じポイントに打ち込んで確認して下さい。

※釣りの途中でエサ落ち目盛りが変わってしまう場合とは。(変わったと思ったら計り直して下さい)
1 底釣りの際、魚が集まって、ヘドロが掘られたり、底の状態が変わったとき。
2 良く釣れる日に、連続して良型のへらが釣れた場合、まれに、道糸が伸びたりした際。

時間の経過と共に元に戻ることもありますが、底釣りの場合は「正確なタナ取り」が、「釣りの軸」になりますので、ぜひともマスターして下さい。


Q 深宙釣りの時は、どこをエサ落ちにするのが良いですか?
基本的に、深宙釣りの場合は「2本の針を付けない状態で」根元の黄色の所までは沈めて下さい。そうでないと、落ち込みのアタリ(なじみ際のアタリ)が出た時に、まだウキが立ってない状態になってしまいます。2本の針が無い状態で、トップ根元の黄色まで立つわけですから、早いアタリが出た際も、トップでアタリをひろって行けます。



Q 太PCトップと、通常のPCトップを比べた場合、なじみ方やアタリ方には、どんな違いがありますか?
トップが太いので、馴染み方は通常のPCより、ブレーキが掛かりやすいです。アタリは、その日の魚の状態にもよると思いますが、冬も近くなるこれからの時期ですと、「ツン」も出ますが、太PC特有の「ムズ」と押さえ込むようなアタリも多くなってくると思います。竹足なので食い上げも良く出ます。



Q 近ごろ視力が落ちてしまい細PCトップが見辛く感じます、太PCのトップの太さや塗りだと、どれくらい見えそうですか?
舟水のへら浮きに共通して言える事ですが、トップの塗りは、水面でギラギラして見辛くなってしまうような、ハードな塗りではありません、自然光の中で、とても見やすい色合になっていますので、蛍光灯の部屋明かりで見るよりも、「釣り場の水に浮かべて冴えてくる塗り」になっています。太PCという事で、細PCより格段に見やすくもなりますし、馴染みのスピードも細PCより調整しやすいと思います。平均的な1〜1.2mmのパイプトップが見えるなら、太PCも難なく見えると思います。




へら鮒専門 佐藤釣具店 舟水のへら浮き(へらうき) トップページ
へら鮒専門 佐藤釣具店 舟水のへら浮き(へらうき)  電話 048-048-0080