☆知っておきたいヘラウキ(浮き)の使いわけ☆


さまざまなヘラウキが発売されていますが、皆さんはウキのポテンシャルを十分引き出してお使いになっているでしょうか。釣り方と使うウキがマッチすれば、さらに釣果がアップすることと思います。舟水のへら浮きの種類と使い方の目安について説明します。



個別の へら浮きの説明や、Q&Aは、該当するウキのページ内でも、詳しくご覧なれます。


『底釣り』
 底釣りのウキに適しているのは、まずは「竹足」の浮きです。竹足が有効な理由は、足に浮力があるので、底釣りでよく出る「上げアタリ」が的確に表れます。さらに、ブレーキが掛かりやすく、ゆっくりとなじませる手助けをしてくれます。それと同じことが、肩に張り具合にも言えます。肩がなだらかであればあるほど、スムースになじみやすいウキになります。ただし、魚影が濃すぎたり、活性が高くウキがなじみにくいときなどには、カーボン足が有効になるときもあります。

トップはパイプトップから覚えると良いでしょう。トップ自体に浮力があるので、戻しアタリが出やすくなります。newPCを使う釣り方も有効ですが、基本的な底釣りを、一からマスターしようと考えている方は、まずはパイプトップから入ってみて下さい。

舟水「
はやて底」は、竹足で、肩は適度な張りがあり、落ち込みのアタリも出やすい設計になっています。なじみまでのアタリを取っていくアグレッシブな底釣りも可能ですし、従来のような、なじんで戻してツンといった、基本通りの底釣りにも最適な、守備範囲の広いウキです。視認性の高いパイプトップに、2枚合せのボディーは、製作工程の初期段階から、精密度に「圧」をかけ、底釣りでの安定度(浮力、バランス)を、より一層調整されています。そのため昨今の渋い管理釣り場の底釣りや、厳寒期の底釣りで要求される「小さなサワリや変化」、「小さく鋭い食いアタリ」にも対応するよう、高いポテンシャルを発揮する高性能へら浮きです。また、警戒心の強い野釣りの大型べら対策にも有効です。

スタンダートタイプの底釣りウキでは「
底釣り」がおすすめです。適度な浮力と、視認性の高いパイプトップを持つ、羽根 2枚合わせのへら浮きです。肩の張りはなだらかで、底釣りの小さなアタリも出やすい設計になっています。足は竹足なので、食い上げや、戻しなど、上がるアタリに強く、まさに底釣り専用のヘラウキです。

そして「底釣り太PC竹足」は、newPCトップ(PC=ポリネット・カーボン)を使った底釣りウキです。特徴は、ナジミのスピードをゆっくりさせるために、径 1.2mm〜1.5mmの、太いnewPCトップを採用したことです。微妙なアタリが出るPCトップの特徴を活かしながら、ナジミのスピードをパイプトップ並みにして、魚にアピールすることができます。さらに、太くなったことで視認性が高まり、従来のPCトップでは見づらいと感じる人でも安心して使うことができます。足は浮力のある竹足なので、底釣りでよく出る「上げる」アタリを逃しません。さまざまな釣り場で、いろいろな状況に対応させたいと考えているのであれば、パイプトップ、newPCトップと、二種類の底釣りウキがあると、たいへん便利かと思います。


はやて底底釣り、底釣り太PC竹足(newpc)ロングムク段差底、などがあります。


『宙釣り』
 カーボン足のウキが主流になりつつあります。これは、管理釣り場の釣りが主流になってきていることを証明しています。カーボン足はなじみ込みがスムーズになる手助けをしてくれます。足の長さを伸ばすことによって、ウキの立ちを早くするこもできます。
 なじみ込みがスムーズになる分、肩は張り気味にします。肩でレーキをかけるのです。カーボン足と肩の張り具合、さらにボディから足に向っての曲線の絞り具合で、ゆっくりとなじむウキや、早くなじむウキの判別が付きます。

 トップはパイプトップが使いやすいと思います。トップ自体に浮力があるので、大きなエサでも沈まずに支えてくれることができます。ムクトップ及びnewPCトップは、トップ自体にパイプのような浮力はありません。魚影が濃くて、ウキがなじみにくいときなどには、newPCトップが有効になる時もあります。しかし、大きなエサや重いエサでは、トップが沈んでしまう事も考えなければなりません。エサの重さの微調整に自信の無い方は、パイプトップの方が使いやすいと感じるのではないかと思います。(特に小さなウキの場合。)

 近年人気のnewPCトップは、グラスムクトップより軽いので、サワリが出やすくなります。newPCトップは、パイプよりも早くなじませる事ができるため、へらが触ったときの突き上げるようなウキの動きを最小に抑えることができます。さらに、軽いエサや、小さなダンゴエサや、ウドンセット等でも、しっかりとなじみ幅を出してくれます。トップ自体もパイプトップに比べると長目に製作してあるものが多く、ストロークを使って幅広くタナを探ることも可能です。

 極端に渋い時や、野釣りなどで、ゆっくりとエサをなじませて、へらぶなにアピールしたいときには、超ロングトップの広大なストロークも有効になります。また、はやて宙は、カーボン足で、なじみ込みをスムーズにしながら、肩の張り具合で、ゆっくりとなじませることが出来る優れた宙釣り用の浮きです。小さいサイズはメーターの浅ダナでも使えますし、大きなサイズでは、長竿で深場のチョウチンでも使うことが出来ます。



はやて宙newpcオールマイティ速攻、ソリッド超ロングトップチョウチン深なじみ、
宙釣り逆テーパー(ペレ宙・重沈バリ対応)
などがあります。


『浅ダナ』
 カーボン足で、しかも長めの足が主流になっています。足を長くすることで立ちを早くして、メーターよりも上にいるへらぶなを狙うことも出来るのです。ボディは細身と太いボディの2種類を使い分けるといいでしょう。太目のボディは浮力があるので、タナまで一気にエサを落とすことができます。細身のウキは、エサをゆっくりと落下させることができるので、自然落下に近い状態を作り出し、食い渋り時や警戒心の強い大型にアピールすることができます。
 カーボン足でも、短めの足は自然な立ち方を演出し、うきが立ってからの突き上げを抑えることもできます。高い位置でのへらぶなの突き上げを抑えることができるので、ビギナーには使いやすい へらうきといえます。

 両ダンゴの場合のトップですが、まずはパイプトップからお薦めします。エサをしっかりと抱えることができるので、大きいエサや、少し重いエサでも沈まずにアタリを出す手助けをしてくれます。

セット釣りの場合や、中級者、上級者になると、両ダンゴの場合でも、パイプトップと、newpcトップを使い分ける方もいますが、両ダンゴの場合は、エサの合わせ方が難しくなる事もあるので、ある程度パイプトップでコツをつかんでから、newPCと使い分けするのが良いと思います。浅ダナ釣りのバリエーションも増え、新たな楽しみ方や、効率の良い釣り方も発見できる事と思います。

 舟水の浅ダナシリーズ(パイプトップ)は、エサをしっかりと抱えることができる設計になっているので、ビギナーからベテランまで安心して使えます。さらに、newPCトップの浅ダナ浮きでは、従来のPCトップのように、立ちの際にトップが水面にへばりつく様な動きも無く、速攻で立ち上がり、折れにくい作りになっています。


そしてもうひとつ、逆テーパートップの有効性です。例えば大会などで寄せ負けを防ぐため、大き目の大バラケダンゴや、セット釣りの上餌を大きくして釣りたい場合など、用途は様々ですが、逆テーパーが1本あると便利です。トップ先端が約2mmの太トップでバラケを支え、エサが食べ頃の大きさまでバラケて、ウキが上がってくるところを、今度は細身1〜1.2mmのトップで、食いアタリを捉えて釣るようなトップを持つヘラウキです。


浅ダナカーボン、浅ダナ深なじみ、newPC浅ダナ浅ダナ逆テーパー、などがあります。


『激渋り段差底セット等』
 一般的にはムクトップが主流になっています。ムクトップはパイプのような浮力が無いので、カーボン足では、なじみ込みがスムースすぎてしまい、冬場の食いが渋ったへら鮒には、アピール不足になってしまいます。そこで竹足を使って、ゆっくりとなじませるように作ったウキが、舟水ロングムク段差底です。長めのストロークを使えるので、なじみ幅を多く出すことも可能です。

 舟水
「ロングムク段差底」は、竹足でゆっくりとしたなじみ込みを演出し、小さなアタリも明確に出る設計になっています。特に新べらも落ち着いてしまった、1月、2月の極寒期(寒冷地は3月位まで)、待っても待ってもアタリも遠く、バラケを落としてからも、しばらく待つような、激渋の釣りや、パイプトップでは出にくいような小さなアタリをウキに伝えるには最適な浮きです。また、この時期には風も大敵となってきます。浮力のある竹足にムクトップの組み合わせなので、正確にタナ取りが出来る方であれば、なじませ具合を調整する事により、風の種類によっては、ピタリとウキを止める事もできると思います。


「ロングムク段差底」


『ペレ宙』
 重いエサを大きく付けて打ちこんでいく「ペレ宙」では、そのエサを抱えることの出来る太いパイプトップが有効になります。浅ダナ(1本半〜3本)のペレ宙では、舟水「3枚合せのペレ宙」があります。2mmの太パイプが、しっかりエサを支えます。他にも、宙釣り逆テーパー(重沈バリ対応)でも、最大2mmの太トップを使用しているため、まず沈没する事はありません。
さらに浮力を求める方は、ボディ4枚合せの「
乗っ込みスペシャル」で対応できます。


3枚合せペレ宙  宙釣り逆テーパー(重沈バリ対応) 4枚合せ乗っこみスペシャル





舟水シリーズの浮きは、その用途に応じたウキに判りやすい名前が付いています。
それぞれのへら浮きが、それぞれの釣り方に対し、高いポテンシャルを発揮してくれるよう、実釣やフィールドテストを重ねて送り出す「自信作揃い」です。ぜひ一度お使いになって、その使いやすさを実感してください。





有名ブランド、へら浮き(ヘラウキ) 舟水のへらうき